北山台杉 剪定 横浜 米山庭苑

Traditional garden tree old in the Japanese garden. Kitayama daisugi. It is a valuable tree that has become less used now. I will arrange the shape with special tools. We will connect the traditional culture of the Japanese garden.

昨年植えた横浜 長生寺の北山台杉。

根が張り、剪定が出来る状態になりました。

 

京都 藤田林業とのコラボレーション。

 

専用の鎌で剪定して行きます。

仕上がりはこんな感じです。

樹齢300年の北山台杉。

歴史を感じる姿です。

この様な造園材料は、現代の庭では数少なくなり、扱える業者も少なくなりました。

私達は次世代に日本庭園の伝統技術を伝えて行く努力をしています。

 

伝統の材料と道具

時代を超える庭つくり

横浜 (株)米山庭苑

横浜 長生寺 枝垂れ桜 支柱掛け

クリスマス。

皆さんは如何お過ごしでしょうか。

pict-dsc_1298

今日もバリバリやってます。

 

pict-dsc_1299

横浜 長生寺 古木の枝垂れ桜に支柱を掛けたり、土を入れたりしています。

pict-dsc_1301

頼んでおいた特注の丸太で組み上げます。

ラストスパートです。

しまいまで、気を抜かないで師走を駆け抜けます!

台杉剪定 手法

 

台杉の選定に使用する鎌。

成瀬製。

pict-dsc_1249

先日の北山台杉の植栽工事の、いっぷく時に藤田林業の息子さんにコツを教えて頂きました。

 

pict-dsc_1229

立ち木の伸ばす位置。

pict-dsc_1230

鎌の使い方、枝のしおる方向や切り取った後の処理。

pict-dsc_1232

取り木のつくり方など大変参考になりました。

関東ではなじみがないので、いい経験です。

山に5000本在庫があるらしいので、剪定などの管理が大変だそうです。

びっくりしたのは、大きな物はヘリで吊り上げ山から出すなど貴重なお話が聞けました。

庭やとして、有意義な時間を過ごせた事にスタッフ共々感謝です。

横浜 長生寺 北山台杉 植栽工事完了

長生寺での、北山台杉植栽工事施工後。

pict-rimg2181

上の段、親鸞聖人の周りは樹齢200~350年の物を配置。

pict-rimg2178

ものすごく風格があります。

pict-rimg2182

下段の植栽部には樹齢40年位の物を配置。

pict-rimg2175

総本数24本植えたのでいいシンボルになります。

pict-rimg2174

中々、関東では北山台杉は見かけない。

pict-rimg2177

台杉は元々は、建築用の垂木を作る為にこの様な仕立てになっている。

今はその様な垂木を使う数寄屋建築なども少なくなり、ほとんど作らないらしい。

どの業界にも流行があり庭は、雑木と呼ばれる山の木が人気です。

人が手を入れて、時間を掛けて仕立てるこの様な仕立物も大切な日本の伝統。

この様な文化を繋いで行く、少しのお手伝いが出来れば幸いです。

北山台杉を植える機会は中々ないので、いい経験をさせて頂いた事に感謝!