日本庭園協会神奈川県支部 瓦土塀50m 完成

Workshop of the Kanagawa Chapter of the Japan Garden Association. The earthen wall is completed.

日本庭園協会神奈川県支部の講習会

瓦土塀50mがようやく完成しました

防水対策を施して片付けをして

この規模になると泥のプールなど片付けも大変ですが、会員たちの協力でどうにか形になりました

コロナで延期の連続で約2年の月日を費やしましたが、この様な味わいのある土塀が完成です

圧巻です

この様な日本の景色が構成にも残る様にと願いを込めて。

 

本当に力のある庭師になりたい方は、神奈川県支部の活動に参加するといい

日本庭園協会 神奈川県支部長

米山拓未

日本庭園協会神奈川県支部 講習会

Workshop of Japan Garden Association Kanagawa Chapter
Make a soil wall of 50m. I will convey the traditional techniques and hearts of Japanese gardens.

神奈川県支部講習会

長田さんの指示を受け瓦粘土の積み上げに入りました

ひたすら瓦と粘土を交互に積み上げて行く

この地の赤土と荒木田を混ぜた土も、いい感じに発酵が進み粘りが出ていい土になりました

1段ずつ進めて行きます、参加メンバーの殆どは普段土仕事など無いので皆嬉しそうです

枠を外し鏝を当て、今回は手箒仕上げでザックリと

上がって来ました、すごい迫力です

参加メンバー達の一つ一つの行為の積み重ねです

雨養生シートを毎回掛けて、次回天端まで積み上げます!

 

日本庭園の伝統の技と精神を次世代へ繋ぐ

日本庭園協会 神奈川県支部長 米山拓未

 

日本庭園協会 神奈川県支部講習会 瓦土塀50m

Workshop of Japan Garden Association Kanagawa Chapter
Make a soil wall of 50m. I will convey the traditional techniques and hearts of Japanese gardens.

日本庭園協会神奈川県支部の活動

「関東の粘土による瓦土塀50m」

緊急事態宣言が明け、感染予防対策を万全にして再スタートしました

 

うちの手で下ごしらえをしています

トップのこだわりの石は講習会が始まる前に据え付けています

柱はこの地の間伐材の檜

皮を剥きホゾ堀りもしておきます

土塀腰積みの石は神奈川産の赤ボサを使用します

大型2台搬入しました

柱を生け込み、遣り方を出して講習会が始まります

 

初日は雨

テントを張りながら進めます

 

砕石を詰めて腰積みまで完成です

次の工程の、瓦粘土積み上げの準備

講師の長田左官の長田さんと、米山庭苑の手で雨の中で下準備を進めます

今回は大勢で積み上げるので、枠工法で進めます

1段目の試し積みまで出来ました

この距離を参加メンバーでやり切ります

日本庭園協会 神奈川県支部の活動に参加したい方は私まで連絡下さい

日本の庭をつくりましょう。

 

日本庭園協会 神奈川県支部長

米山拓未

 

 

日本庭園協会神奈川県支部 泥つくり

Workshop of the Japan Garden Association Kanagawa Chapter. Mixing the soil is an important job.

「瓦土塀50m」

コロナウィルス感染対策を万全にして、土塀の土つくりから始めます

藁を押し切りで刻み

この地の土と混ぜます

関東の粘土とブレンドしながら

藁を均一に敷きます

ビリも混ぜながら

総勢50人で1日掛け土の完成です

土は霜の下りなくなる季節が最適ですから、春に向け半年寝かせ藁を発酵させます

次回は来年2月の土塀基礎部の石積みから始めます

地元の赤ボサ石を使用

参加者の皆さまその時を楽しみにして時を待ちましょう!

日本庭園協会 神奈川県支部長

米山拓未

日本庭園協会 神奈川県支部の活動 材の準備

Workshop of the Japan Garden Association Kanagawa Chapter. The work of preparing the materials is over.

日本庭園協会神奈川県支部 今年度の活動

「瓦土塀50m」の材の準備

今年刈り取りを終えた田んぼにて、藁の積み込みです

 

トラック3台に満載

ビリ砂利も併せて搬入完了

すごい量です

日干しレンガをつくり配合を決め

土塀基礎も終わり準備が整いました

わざわざ粘土の産地から高価な土を取り寄せるのではなく

この地の土を使い粘土に混ぜ土塀を築く

それが自然な空間構成の形です

そんな基本の大切な事が参加者に伝わればと願いスタートします。

 

日本の伝統の技と心を次世代へ繋いで行く

革新しながら現代に生かす

やがてそれが新しい庭文化となる

日本庭園協会 神奈川県支部長

米山拓未

 

日本庭園協会 神奈川県支部 今年度の活動開始

This year’s activities of the Kanagawa Chapter of the Japan Garden Association have begun.

日本庭園協会 神奈川県支部 今年度の講習会

「関東の粘土による瓦土塀50m」が始まります

先日は、支部会員のメンバーで準備をしました

 

コロナ対策を万全にして、全員検温をしてからの作業開始

 

 

 

関東荒木田が大型三台で到着

 

粘土は重いので少しずつ運搬します

泥のプールをつくりました

泥の総量50トン

来月にこの地の土とブレンドして参加者と土つくりから開始です!

 

伝統を守りつつアレンジしながら未来に繋いで行きます

日本庭園協会 神奈川県支部長

米山拓未

日本庭園協会 神奈川県支部 瓦土塀

Japanese garden association Kanagawa branch work. We are preparing for this year’s workshop. As the branch manager, I will pass on the traditional techniques and hearts of Japanese gardens to the next generation.

日本庭園協会神奈川県支部の今年度の活動

瓦土塀50mを築きます

その為の材料の調達も進めています

東京から会員のトラック6台で運搬

真鶴から会員のトラック4台プラス大型1台運搬

とりあえず30トン会場の総世寺へ運搬

仕事とはこう言うモノ

厳選した材を選別しながら集めて行く

今回は全て関東の材で構成します

この様な完成イメージです

瓦は再利用し、土は隣の敷地から出るものを使い、柱は地元の間伐材

腰積みの石もこの地から産出する赤ボサを使います

その地の材を用いる事で、なじみが良くなります。

 

8月頃に正式に日本庭園協会のホームページ案内が出る予定です

興味のある方は私にメール下さい

日本庭園協会 神奈川県支部長 米山拓未

 

日本庭園協会 神奈川県支部 

Japanese garden association Kanagawa branch. Carried tiles to be used in the next year’s workshop. I will be the branch manager from next year.

東京のお寺から先の講習会で使用する瓦を運搬しました。

様々な何種類かの瓦を選び積み込み

神奈川県支部の有志で早朝から作業しました

トラック6台分の瓦

無駄なく使う予定

現在神奈川県支部が活動する小田原 総世寺まで運搬

夜は役員会とハードな1日

来年から神奈川県支部長を何年か私が務める事になりました

3月に来年の桂垣講習会の予定です

今現在日本の庭師の中で、この垣根を作れる物は少なくなりました

私達は様々な素材を使い庭をつくります

その中の竹ですが、この様な垣根を普通に作れる力のある職人になりたい方々

手間の掛かる下ごしらえをして

この場所に穂をサバきながら形にします

ただ竹垣をつくる訳ではない、全体の空間構成の中の1部の仕切り垣としての桂垣です

講師や詳しい事が決まり次第発表して行きます

 

私達は1つの庭パーツだけをつくるだけではありません

この地にふさわしい空間つくりの全体の構図は当然出来ています

それを1つずつ完成させて行きます

是非多くの方々に参加して頂き、自分の関わったモノつくりでどう空間が変わるか体験してみて下さい

私も気合全開で行きます!

お待ちしております。

日本庭園協会 神奈川県支部

米山拓未

日本庭園協会神奈川県支部 2019年 活動開始

The Japanese Garden Association Kanagawa Prefecture Branch is meeting in 2019 activities. It is a plan of tea garden. I am a deputy branch manager and I will do my best.

日本庭園協会 神奈川県支部

今年度の活動が始まります。

東京の金綱さんに講師をお願いしまして、総世寺にて事前打ち合わせしました。

垣根の高さ。

地盛りレベルや門や茶席の位置。

実際にお茶事が出来る席つくりや蹲組みを予定しております。

見せかけでなく、全て本当のお茶事に使える組み方で構成します。

中々経験出来ない場がここにあります。

私も副支部長として居ますので、この活動に参加したい方は私までご連絡下さい。

 

日本庭園協会 福支部長

横浜(株)米山庭苑 米山拓未

日本庭園協会 総会

I participated in the general meeting of the Japanese Garden Association with my friend from France. It was introduced to the members. It is a great honor.
フランスの友人Olivierさんと日本庭園協会の総会に参加して来ました。
会場は、明治神宮。
懇親会の席でお時間を頂き紹介させて頂きました。
フランス語でスピーチ。
会員の誰も理解できませんでしたが、彼の熱意は伝わりました。
それで充分!
総会前に、駅前の吉野家で昼飯を食べていたら遅刻してしまいました。
これもフレンチスタイルと言う事で、、、
この3人Olivier氏と星氏はフランスで私と一緒に日本庭園セミナーを開催しているメンバーです。
終わりよければ全て良し!
同じ志があれば国籍なんか関係ない
言語や文化や宗教感の違いを熱意と気合で超える事が出来るカンパニー
求められれば世界のどこへでも
こだわりの仕事のスタイルで
横浜(株)米山庭苑