社内研修

米山庭苑では、次世代にこの世界の技や心意気を繋いで行く為に、長いスパンでのスタッフの育成に努めています。

pict-1484900751129

昨日は、この時期ならではの竹仕事の一つである竹垣。

中でも、基本中の基本と言われる建仁寺垣と四ッ目垣の勉強会。

ただ単に竹を割り組んで行くだけでは無く、結びの位置や繋ぎの位置などに決まりがあります。

京都と関東の違い。

四ッ目の間の割り方、など奥が深い物です。

これは勉強していない者が大半です。

この基本をしっかり身に付ければ、他の垣根は難しくありません。

pict-DSC_1505

更に今の立子は鋸で挽いてあり、まっすぐですが丸竹からつくって行くと当然曲がりがあります。

その補正の仕方。

本間 ぶっさきを練習。

慌てて次の現場に移るのではなく、じっくりと腰を据え自分の中で消化させる。

これ大切な事です。

様々な事を次世代に繋いで行きます。

 

伝統を次世代に繋ぐ 集団

伝統からモダンまで 横浜 (株)米山庭苑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です