横浜 藤棚 材の下ごしらえ 竹垣 竹仕事

Our company adheres to the material of the garden work. It takes a long time to prepare and a beautiful garden is made. Our work is fine and polite. That is the work of Japanese traditional gardener.

寒の時期 竹仕事を日々こなしています。

横浜市金沢区での藤棚つくり。

私達は素材を丁寧に扱い、時間を掛け下ごしらえして組み上げ美しいモノをつくっています。

竹は籾殻でやさしく洗います。

そうする事により表面に傷が付かなく竹本来の美しい艶が出ます。

国産檜丸太を焼き煤を落とします。

木目が美しくなるばかりでなく、耐久性が増します。

丸太の接合部分のホゾ堀り。

鑿で少しずつ合わせて行きます。

ヒカリツケともいいます。

私達は全ての仕事にこだわりを持ち、日々クオリティーの高いモノをつくり出しています。

この様に下ごしらえをしてから現地で組み上げます。

合理化だけが優先される現代に逆らう様な手仕事の数々

決して自動化や機械化が出来ない領域に私達は生きている

だから仕上がりは1つ1つ違う

みんな違ってそれがいい

現代の中で違いの分かる大人たちが選ぶカンパニー

横浜 (株)米山庭苑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です