横浜市 茶庭 蹲 完成

Garden work in Chanoyu. My friend French gardener was allowed to work with me. It was a very valuable experience as I had tea in the tea room.

横浜市での茶室周りの修景工事完成。

フランスから庭師の友人2人も作業をする事を快諾して頂きました。

手箒を使い丁寧に庭を掃除。

草も鎌で隅々まで取りました。

蹲も清め、筧を新しく。

にじり口からの景色。

お施主様から、お茶を点てて頂けるとの事でお言葉に甘えさせて頂きました。

にじり口から茶室に入り、お花や掛け軸、お茶椀などを拝見させて頂き、フランスの友人たちは初の体験に良い思い出になったと大変喜んでいました。

 

関守石を彼がつくり感謝の気持ちを置いて行く。

本当にありがとうございました!

 

庭や生き方に強い想いがあれば世界は繋がるもの

世界平和と庭と愛

国籍を問わない庭つくり

世界に通用する仕事

横浜(株)米山庭苑

 

横浜市 藤棚 完成

Fujidana was completed. Also making things with bamboo and timber in Japan has become less. We are working with authentic skills and mind to convey the tradition of the Japanese garden to the next generation.

横浜市での藤棚工事。

古い藤棚を解体します、以前はプロでない業者が組んだ為に問題点が多く当社に依頼がありました。

既存の藤を養生して骨格を組んで行きます。

丁寧に下ごしらえした材で組み上げて行く。

染め縄で結束。

 

全て均一になる様に。

完成です!

国産竹と檜で組みました。

この様な素朴な風景は今では少なくなりましたが、私共は日本の貴重な財産と考えています。

日本全体の事ととらえ、戦後の高度経済成期から崩れてしまった日本の街並みを美しい景観に戻すために少しでも力になれる様にと願っています。

流行りの素材の空間つくりではなく、伝統を現代の空間に活かす為に改良しながらご提案させて頂いております。

お気軽にご相談下さい。

 

 

いつの時代も流行はある

でもそんな薄っぺらいモノでは所詮その場限り

伝統を進化させるモノつくりが世界の人々を魅了している

日本人にも気が付いて欲しい

こだわりの想いと庭つくり

横浜 (株)米山庭苑

 

無駄な時間 幸せな時間

happy time

 

ふと思った。

最近昼寝をしていない、ここ15年位だろうか。

つまらないヤツになりかけていた。

 

ガキの頃、よく友達と芝生に寝そべり空を見上げていた。

 

ボーっと見ているとホコリが見え、それを暫く見ていたり。

 

ゆっくりと動く雲を目で追ったり。

無駄な時間。

今まで突っ走り続けて来て、そんな時間の過ごし方を忘れかけていた。

そんな時間を持たないと目指すモノつくりは出来ない。

ふと気が付いた、危ねー所だった。

 

無駄な時間と

幸せな時間と

楽園つくり

横浜(株)米山庭苑

 

 

2019年新年明けましておめでとうございます。

Happy New Year. Yoneyamateien will also convey the beauty of Japanese traditional culture to the people of the world this year. I am looking forward to meeting many people in the world!

あけましておめでとうございます!

1月の8日から通常業務はスタートします。

2019年も目標は決まっている。

根底に核があれば、自由な発想でモノつくりをして行くと言うスタイルで世に発信して行くと決意しています。

本年も(株)米山庭苑では地に足を付けた仕事に挑むスタイルで、1つ1つ丁寧に積み上げて行きますので、皆さま宜しくお願い致します。

 

次世代や世界の人々に、日本の伝統文化の美しさを庭を通じて伝えて行く

 

こだわりの仕事

こだわりの生き方

世界に通用する仕事

横浜(株)米山庭苑

 

 

夏も終わり。

The summer vacation of the Japanese school is over. My sons also helped me with my work. School assignments also made a small garden.

記録的な猛暑の横浜ですが、もう夏休みも終わり暦の上では夏も終わりです。

夏休みの部活の合間に、長男が石の積み込みを手伝ってくれました。

石が焼けていて、大汗かきながらの作業。

次男は材木の焼きの作業を。

こちらも暑い中の炎。

最後は恒例の、夏休みの自由研究。

箱庭完成。

来年は中学生なので、これで最後かな。

ものごころつく頃から、モノ作りで遊ぶ。

 

つくりモノに国境はない

そして理屈も通用しない

見たモノそのままだから

 

世界の人々を魅了するモノつくり

庭つくり専門店

横浜 (株)米山庭苑

 

横浜 造園 庭 インターンシップ受け入れ 社会貢献 米山庭苑

Our company is acting to convey the traditional skills and mind of the Japanese garden to the next generation. We accept programs for students to experience their work. To connect the Japanese garden to the next generation.

私共の会社は、この業界の伝統を次世代へ繋ぐ為に努力しています。

インターンシップ受け入れ。

神奈川近隣の県の教育機関と連携して、少しですが当社も協力出来ればと思い行動しています。

この夏も数人受け入れます。

この日は都内からの生徒です。

何かを感じて帰ってもらいたい。

楽しさや厳しさも話ます。

 

次世代に日本庭園の技や心いきを伝えたい

こだわりの仕事と社会貢献

横浜 (株)米山庭苑

 

キリバシ 庭師の伝統の鋏 米山庭苑オリジナル仕上げ

Yoneyamateien Representative Director Yokoyama Takumi has made tools original. This is a tool of traditional Japanese gardener called kiribasi which cuts trees. I believe that tools are not beautiful in appearance. Both work and tools use the original things to make Japanese gardens proud worldwide on a daily basis. We will continue to connect the traditional culture of attentive gardeners to the next generation!

当社は、仕事も道具もこだわりを持ち日々現場に出ています。

その中の一つ、植木を切る鋏。

きりばしと呼ばれる伝統鋏です。

それを、京都 大隅刃物店の当代の義信氏との初コラボの作品です。

氏とは先代から継いだ頃からのお付き合いで、この作品は色々話をしている間に生まれました。

横浜 米山庭苑×安広 青紙 嵐治丸 瓢箪型 真鍮ロウ付け仕上げ

6寸 7寸 8寸

3寸5分

溶接の技術で真鍮同士を付けるガス溶接の仕事です。

それを鋏にオリジナルの紋様を付ける為に流用しました。

当然、長年使用している間に黒塗りは落ちてこの様にギンギンになりますが、今回の真鍮色を強調する為に、黒色を自分で塗れるように研究して何とか上手く染めれる様になりました。

自分で出来る事は愛用の道具ですから、何でもやってしまいます。

本来この黒塗りは、鍛冶屋さんから鋏がお客さんの手元に届くまでの錆止めの要素が強く、私の様に落ちた後に染める必要はありません。

 

こだわりの道具と美しい道具

使い捨ての道具では時代を超えるモノつくりはできない

庭に関わるモノ全てにこだわる粋な会社

次世代に庭の伝統文化を繋いで行く

横浜 (株)米山庭苑

横浜 株式会社 米山庭苑

Yoneyamateien Co., Ltd. is a specialist of Japanese gardeners. We regularly carry out in-house training and training to raise our minds and skills. Such companies are few in Japan, but we will continue our activities to connect Japanese traditional culture to the next generation.

私共、米山庭苑は横浜市金沢区 能見台に資材置き場&加工場を設け、毎日スタッフ全員がここに集合してミーテング後、各現場に向かいます。

横須賀に植木畑&材料のストック場があります。

全てはクォリティーの高い庭つくりをする為です。

また、自宅とは別に事務所があり、ここでクライアントとの打ち合わせや、庭の設計や事務仕事を日々しています。

都市部では自宅兼事務所の会社が多いですが、私はプライベートとは切り離して行く仕事のスタイルが大切と考えているので大変でしたが、事務所を構えました。

全て借り物ではなく、うちの所有です。

横浜辺りでここまでするのは、並大抵の覚悟では出来ません。

またプロジェクターを使い定期的に、レベルアップの為の勉強会を開催してます。

毎回テーマを決めて、スタッフ全員が意見を出し合い会社の理念を共有する事により、クライアントに満足して頂ける様な仕事になる様に務めています。

当然、庭師と言えども社会の中の一員ですから、社会性も大切です。

社会保険に加入して昔からの悪いしきたりは根絶して、若い世代に日本庭園の伝統文化の継承に本気で取り組んでいる集団です。

これは言葉で言う程、簡単な事ではありません。

どこまで行けるか分からないですが、自分の描く理想に向かい突っ走ろうかと思っています。

こんなこだわりの集団に、大切な庭空間つくりを託されては如何でしょうか。

 

半端ではない庭に対する決意

庭と共に人をつくる会社

こだわりの庭つくり 人つくり

横浜(株)米山庭苑

代表取締役 米山拓未

 

Spring has come, Japan also makes cherry blossoms pleasing with full bloom. Our company also entered a new 18 year old staff. It will take a long time to train the skills and mind of the Japanese garden to the next generation.

春になり、横浜も桜が満開です。

当社も18才の新しいスタッフが加わり、ますますパワーアップして行きます。

半纏を初めて羽織りました。

 

皆の前で、挨拶をして決意を語りました。

 

当社では、現代では廃れつつある、日本の伝統文化を次世代に繋いで行く為に、長い時間を掛けて人材育成する体制で日々仕事に取り組んでおります。

言葉で言う程簡単な事ではありませんが、行動に移し実践して行くしかありません。

それが、質の高い仕事につながりますし、庭の世界の未来に繋がる大切な事。

本気で攻めて行きます。

 

こだわりの仕事と人つくり

横浜(株)米山庭苑

横浜市 磯子区 竹垣

One of our work is a bamboo fence. Wash the bamboo thoroughly before assembling in the garden. In order not to scratch the bamboo, carefully remove the dirt with rice of rice. It takes time, but it is important for Japan ‘s bamboo fence which is beautiful in this work. Nowadays in Japan we have fewer gardeners doing this work. We are going to connect the tradition of Japanese gardeners to the next generation.

横浜市 磯子区での古くなり朽ちてしまった竹垣の交換作業が完成しました。

玄関脇の、阿弥陀垣の袖垣です。

良い仕切りとポイントになりますね、袖垣の役割は重要です。

今回は檜フレーム×女竹。

 

プラス防腐剤塗布仕上げ。

 

まだまだ米山庭苑では竹の仕事が続きます。

焼いた丸太の煤を落として洗います。

竹も丁寧に磨きます。

傷が付かない様に、天然の籾殻を使います。

何気ないと思われがちな、この繰り返しの作業。

庭師の冬の仕事が出来る事に感謝しながら。

最近のこの業界は、経験の少ない者に石積みなどの高度な技をいきなり教える講習を行う所が多いですが、そんな事は表面的な飾りでしかなくコツコツ経験を積んで行けば自然に身に付くモノです。

そんなモノはただの外構工事でしかありません。

日々のこの様な一見地味な基本的な作業を積み重ねた者が、将来深みのある伝統の庭をつくれる庭師に育つと確信しています。

 

どんな道でも、本物を目指して行くならば近道なんてありません。

うちは、この人材不足のこの業界で有り難い事に、募集もかけていないのに毎月の様に若い世代の応募があります。

また、生き方も信念を持ち何十年も積み重ねて来たので、多くの仕事のご依頼があります。

この結果を真摯に受け止めて、このまま進んで行こうと思っております。

 

こんなスタイルの当社で、念願の庭空間を託されては如何でしょうか。

こだわりの庭つくり 古民家から現代住宅まで

横浜(株)米山庭苑

代表取締役 米山拓未